今が買いの上昇が期待銘柄 1月16日

<3987> エコモット
KDDI<9433>と対等かつ長期的なパートナーシップの構築を目的に資本・業務提携契約の締結を決めたと発表。「KDDI IoT クラウド Standard」の機能拡張や販売体制などについて、具体化・推進する。KDDIに対して第三者割当で新株50万株を発行するほか、主要株主が56万株を相対取引で譲渡する。KDDIは所有割合21.07%の第2位株主となる。調達額は約6.3億円。

日本サード・パーティ<2488>
日本サードは前日にストップ高に買われた余勢を駆って、きょうは一時34円高の806円まで買われたが、その後は全体地合い悪もあって利益確定売りに上げ幅を縮小している。IT機器の保守点検やIT研修業務を展開、IBMのワトソンを活用したソリューション事業を行うほか、米エヌビディアとはスーパーコンピューターの総括的サポート契約を締結している。また、米アマゾンのクラウドサービスとも連携するなど大手IT企業との協業に期待が大きい。19年3月期は人材確保に伴うコスト負担から減益見通しながら、20年3月期は再び成長路線に復帰する公算があり、見直し買い対象となっている。

京写<6837>
同社は自動車向けを中心にプリント配線基板の製造を手掛け、片面板の生産量では世界トップに位置する。15日取引終了後、業界初となるスクリーン印刷法による超微細な0603チップ部品サイズに対応可能な片面プリント配線板を開発したことを発表、これを材料視する形で投資資金の流入が加速した。

いちご<2337>
同社は11日取引終了後に、19年2月期第3四半期累計(18年3~11月)の連結決算を発表。営業利益は205億5300万円(前年同期比24.3%増)となり、通期計画250億円に対する進捗率は82.2%に達した。順調な物件売却による売却益や賃貸収入の増加、竣工した発電所の稼働による売電収入の拡大などが増収増益につながっており、今期業績には増額修正期待が膨らんでいる。

今が買いの上昇が期待銘柄 1月16日

日本サード・パーティ<2488>
同社は、海外企業を中心とするIT機器の保守点検やIT研修業務などで高水準の需要を取り込んでおり、米エヌビディアとはディープラーニング用スーパーコンピューターの総括的サポート契約を結ぶなど人工知能(AI)関連の有力銘柄として人気素地が高い。化学業界や製薬業界向け中心にRPAによる分析データ処理工程の自動化支援パッケージを展開するほか、AIインテグレーションサービス「Third AI(サードアイ)」はAIで応答するチャットボットなどを軸に幅広い企業のニーズを取り込んでおり、米アマゾンのクラウドサービスとも連携する。

<2337> いちご 
急伸。先週末に第3四半期決算を発表。累計営業益は206億円、遡及処理後で前年同期比24.3%増となった。上半期は同27.6%減益であったため、9-11月期は大幅増益に。市場コンセンサスも大幅に上回った。第2四半期まで遅れていた物件売却益が9-11月期は約80億円計上されている。バリューアップのポテンシャルが高い物件に厳選投資をするなかで、500億円強の物件取得は確保済みの状況に。

<1419> タマホーム
大幅続伸。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は30.1億円で黒字転換、前年同期比30.7億円の収益改善となっている。また、通期予想は従来の53億円から75億円に大幅上方修正、住宅事業の受注好調が続いていること、不動産事業における売却益の計上などが背景に。期末配当金も5円引き上げて年間配当は50円にするとしている。第1四半期までの進捗からは想定以上の上方修正と捉えられている。

<6044> 三機サービス
先週末に発表した上半期決算がマイナス材料視されている。営業利益は3.9億円で前年同期比3.0%増益、従来計画の4.4億円を下回る着地となった。第1四半期は水準が低いものの同2.5倍と大幅増益であったことから、上振れ期待も高かったものとみられる。人件費や外注費の増加が収益の圧迫要因になったとみられる。2ケタ増としている通期計画にも未達懸念が生じる形に。

世界の美意識はこんなに違った。女性の”完璧なプロポーション”は?

完璧なプロポーションとは、どんなものだろうか。

それは、その人の暮らす場所によって大きく異なる。

イギリスのオンライン薬局「スーパードラッグ・オンライン・ドクターズ」は、「完璧さの認識」というプロジェクトを立ち上げ、同じ女性を加工した18種類の画像を載せている。今回のプロジェクトで、同薬局は世界中からデザイナーを雇って、それぞれの国の美意識を画像に反映させている。

同薬局は「一般に考えられている“美しさ”と“完璧さ”の認識は、文化に深く根付き、そう変わるものではありません」として、このプロジェクトの目的を「それぞれの国が、潜在的に感じている美の基準を理解することと、そのプレッシャーが国よってどう違ってくるかを知ることです」と紹介している。

5大陸18カ国から18人のデザイナーに、それぞれの国の文化における美しさの認識に沿うように画像を加工させた。下の画像は、デザイナーが加工する前のオリジナルのものだ。

それぞれのデザイナーは、女性のウエスト・サイズや靴、髪の色にいたるまで、それぞれの国の文化で理想とされる身体に加工した。18人のデザイナーのうち、14人は女性で4人は男性だという。それぞれの文化に基づいた“女性の美しさ”を可視化するため、男性デザイナーには「その国で理想とされている理想の身体」という基準で画像を加工してもらった。

画像のいくつかは、元画像と若干違っている程度だが、中にはほとんど原型をとどめていないものもある。中国とイタリアのデザイナーは、足と腕が劇的に細くなっていた。コロンビア、メキシコ、ペルーのデザイナーは、南米らしい美の基準を反映して、ウエストはくびれ、胸は大きくなり、ヒップのラインが強調されていた。

さあ、18カ国の「完璧なプロポーション」はどのようなものか見てみよう。