「努力する人」と「努力できない人」の6つの大きなちがい

数々の「仕事のできる人たち」は、ほぼ例外なく努力をしていた。

無論、努力をしたからといって成功するわけではない。だが、努力なくして成功はない。努力は成功のための前提条件であり、要件である。

だが、「努力が苦手」という人は少なからずいる。頑張れない、続けられない、「どうしたら努力できるか?」と悩む方も大勢いるだろう。

では、その「考え方」のちがいはどこにあるのか。それは大別すると6つある。

1.努力とは、精神論でなく、方法論である

努力をする人々は、「きついことを何とかしてこなそう」とするのではなく、「どうやって楽に継続するか」を考える。良い意味で、自分を信用していないので、努力を仕組み化する。

2.努力とは、才能でなく、環境に依存する

努力を出来る才能、と言う方がいるが、努力できる人たちは「才能」といった眼に見えないものを当てにしない。代わりに、目に見える「環境」を何とかして努力ができるようにしてしまう。

3.努力とは、結果でなく、過程である

努力できる人たちは、結果よりも過程を重視する。「どうせ勝てないからやらない」「今から一流になるのは難しいからやらない」とは言わない。

4.努力とは、楽しむものではなく、単なる習慣である

努力をし続けている人たちに聞くと、ほぼ例外なく「キツくて嫌になる」と述べる。「では、なぜ続けているのですか?」と彼らに聞くと、彼らは決まって「習慣だから、やらないと気持ちが悪い」という。

 

ピエール瀧被告がNHKに恩返し? 保釈が”夜7時”だった理由

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(51=本名・瀧正則)が4日、警視庁東京湾岸署から23日ぶりに保釈された。

NHKの「ニュース7」が始まった直後に正面玄関に姿を現した瀧被告。担当弁護士は、午後5時前には保釈保証金400万円を納付したというが、民放ニュースのほとんどが瀧被告の生映像を逃す結果となった。

イバラ道待つピエール瀧を“拾う神”は家族かファンか音楽か

「通常は保釈金納付から1時間程度で身柄が解放されるものですが、瀧被告はしばらく署内に“待機”していたそうです。同時刻に彼が出演予定だった映画のイベントが行われていたため、せめてもの“配慮”でタイミングを遅らせたようです」(警察事情通)

深読みをすれば、大河ドラマ「いだてん」で迷惑をかけたNHKに手柄を取らせたともうかがえる。

「女性専用トイレ」「女性専用車両」「プリクラの男性お断り」世のあちこちに増えたので「男性専用」も同じだけ作って欲しいとの主張

最近女性専用トイレとか、女性専用車両とか、プリクラが男性のみの入店お断りだったりとか、いろいろと男性差別が多いなって思う。 外に出ると「女性⭕」「男性❌」みたいな表示が多くて悲しくなってくる。 なんでこういう風になったんだろう。

男性専用を作ろう

禁煙者が喫煙者NG!全席禁煙にしろ!って言うのと何ら変わりないですね。まぁ風潮だし仕方ないよ。

ちらほら痴漢だとか云々のコメあるけど女性が男性に痴漢することだってあるしましてやそっちの方がタチ悪い。男が「わー!痴漢!」とか言っても痛い目で見られるだけやからな。それに女性が「あの人チラチラ見てくる!痴漢!」が通じるなら男だって同じこと言えるやろ。まぁ風潮って言葉で片付くけど。

伸びてるから炎上しない程度にまだ書きます。女性の方が弱いとか言いますがこっちだって満員バス両手つり革掴まないと冤罪痴漢怖いんですよ。だから女性専用作るなら男性専用も作れという話。

一部の男性が迷惑行為を 起こさなければ こんな事にはなるハズがない 真面目で紳士な男性からしたら いい迷惑ですよね 女性は防衛しろ。男はそんな生き物だと 言い続けた結果 防衛の結果なのかもしれませんね

ここでの差別というのは迷惑行為に対しての差別のことです 例えば女性が苦手な男性や痴漢の冤罪をかけられたくない男性を助ける男性専用車両などないではないですか 迷惑をかける女性もいるのは事実なのに男性にはそれから身を守るすべが少ないのです

#ガリガリガリクソン 激ヤセが報じられる芸人「プロフィールを参照宜しくです」→プロフリンク先はお試し定期購入解約不可の健康食品広告でした。

炭にダイエット効果はありません。むしろ健康被害が報告されてます。短期間での激ヤセ、心配ですね。

【2019年4月5日】プロフ欄を変更されたようです。ただ「経済的利益提供」は変更内容なく、「最低4カ月(初回含め4回以上)の継続」契約であることも変更はないようです。

元消費者庁におられた弁護士の方がシェアしていたけど。これ広告に該当しないのかしら?販売方法も、問題にされているお試しをうたう定期購入商法ですよね。

【引退のお知らせ】 この度、私ガリガリガリクソンは脂肪に別れを告げてデブを引退する事になりました。 何をしても痩せなかった私が、人生の全てを賭けた最後のダイエットにより、5ヶ月で122.4kg→75.1kg(47.3kg減)になりました。 今まで本当にありがとうございました。デブとか笑うw ※拡散希望

朝から電話とかLINEが鳴り止まないw どうやって痩せたの?とかもうホント聞かれるの疲れたのでプロフィールを参照宜しくです😲 わたしは本当にこれやって自転車で遠回りして買い物行ってただけだから! ステマとか言われるけど、聞かれるから答えただけだし、痩せたことは事実!!!!

「銭湯絵師見習い」の盗作疑惑にイベント主催がコメント 「掲載すべきではないとの判断に至った」

銭湯絵師見習いの勝海麻衣さんがイベントで描いた絵に盗作疑惑が持ち上がっていた件について、イベントを主催した大正製薬は3月29日、Twitter上で「弊社としても今回の作品を公式アカウントにリツイート掲載すべきではないとの判断に至り対応いたしました」とコメントしました。

発端となったのは3月24日に行われたイベントのライブペインティング。勝海さんが観客の前でリアルタイムに描いていくという催しで、迫力のある2頭のトラの絵を仕上げました。ところが程なくして、Twitterでは絵がイラストレーター・猫将軍さんの作品に酷似しているという指摘が。

見比べてみると絵の構図だけでなく、トラの模様まで確かに似ています。またライブペインティング中に勝海さんの手元には下描きのコピーのようなものが確認されており、それが猫将軍さんの作品だったのではないかとの指摘も上っていました。

猫将軍さん自身もこの件についてTwitter上で言及。作品のテーマに合わせ、あえてデッサンを狂わせつつ表現していくため、細部まで偶然に一致することは「まあなかなか無いと思う」と説明。さらに両作の類似カ所を解説した比較画像も投稿しています。

また、猫将軍さんは勝海さんから謝罪メールを受け取ったものの、それが「試行錯誤した結果似てしまった」と釈明する内容で、納得ができないともツイート。さらに、「納得のいく説明を強要したいわけではないので連絡が無くても特にこれ以上言いたいことはありません」と、複雑な心境をつづっています。

勝海さんは3月28日深夜、謝罪文をTwitter上に投稿。「お騒がせをし、ご迷惑をおかけ」したことに対して謝罪しつつ、「今後はそういったご指摘を再度頂戴することの無いように、自分自身を常に律しながら精進していきたいと考えております」とコメント。しかし盗作の有無については言及を避けたことがさらに批判を呼ぶ事態となっていました。